茨城県再生可能エネルギーポテンシャルマップ

ポテンシャルマップ

太陽光発電 風力発電 小水力発電 バイオマス発電

農山漁村再生可能エネルギーポテンシャルマップとは

 『茨城県農山漁村再生可能エネルギーポテンシャルマップと』は、平成23年度農林水産省補助事業(農山漁村6次産業化対策事業)として公募された「農山漁村再生可能エネルギー導入可能性調査支援事業」に、特定非営利活動法人GIS 総合研究所いばらきが、茨城県を対象としてとした調査を提案し採択された事業について、その実施結果を報告するものです。

 本事業は、茨城県の各地域の地域資源として有望な再生可能エネルギーの賦存量、及び、各地域における制約条件を考慮した再生可能エネルギー導入のポテンシャルを分析することにより、再生可能エネルギー導入の有力候補地の選定を目指しています。
 検討対象とするのは、茨城県の自然条件、地域特性を考慮し、耕作放棄地、農業用水利施設、森林、漁港施設(内水面漁港含む)における太陽光、風力、小水力、バイオマスエネルギーとしています。

表「検討対象とする農山漁村の資源」
 太陽光   風 力   小水力  バイオマス
耕作放棄地
農業用水利施設
漁港施設
森林

 本調査結果は、農山漁村資源の活用の可能性を明らかにするとともに、場所の選定の参考となる土地等の情報の提供を行うものです。
 したがって、個別の地域・地点における再生可能エネルギー発電設備等の設置の可否を示すものではありません。
 実際に発電用地として選定できるかどうかは土地利用規制との関係が重要であり、行政機関等への十分な確認が必要であることに留意してください。


特定非営利活動法人GIS 総合研究所いばらき

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader (旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償ダウンロードできます。